活動報告

REPORT

[2020年1月9日掲載]

謹賀新年

謹賀新年

  • 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
本年も大阪府グローバル研究会の事業、活動にどうぞよろしくお願い申し上げます。
さて令和2年の年末年始は暦みがよく長い休みで特別な時間をお過ごしされた事と察し申し上げます。
さてこの時期に日本を取り巻く世界情勢が大きくパラダイムが変化しそうな事象が発生致しました。
ご承知の通りアメリカーイランの緊張や自動車大手の元トップが日本から逃亡する事件は、日本を主眼とした世界観では通用しなくなってきているように感じます。
今企業に求められる人材はダイバーシティ・多様性をもった人材が良いとされています。
これまでの価値観や先入観から一旦俯瞰し、あらゆる価値観をうまく共有しながら目的達成に向けてチームワーク良く推進することだそうです。
著書 山口 周氏の世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?では、混迷の世界醸成で適切な経営判断をするためには、これまでの計数の分析、明瞭化だけではなく直観や感性が必要であるとあります。
これはまさに当会員企業のような中小企業のトップが直観とこれまでの経験でうまく経営判断できる時代が来たと言わざるを得ません。

トップの世界観や美意識が経営判断を磨くことになります。

さて今月1月27日(月)大阪キャッスルホテルにて新春講演会を開催致します。
ご多忙中恐縮ですが、ぜひご出席賜わります様、重ねてお願い申し上げます。

大阪府グローバル研究会
北村 勝博

  • 【開催日時】

    2020年01月01日

  • 【場  所】

  • 【参加人数】

活動報告